2015年12月06日

キネズミ

最近、高齢者の方と話すと、「この冬はキネズミが多いな」と言う方が多いです。
北海道でキネズミと言えば、エゾリスのことです。
この秋、ナラやヤマブドウ・チョウセンゴミシなどの山の木々は実りが少なく、餌集めに苦労しているようで、山だけでなく、車道を横断する姿も良く目にしました。家や工房の周りにもよく出没しています。

今朝は、裏庭のコブニレにやってきました。
ezorisi1512-1.jpg
なにか持ってるのかと思ったら、持ってませんでした。

「よし、頑張って餌を探すぞ!」
ezorisi1512-2.jpg
拳を握りしめています??

あっという間にいなくなってしまいましたが、楽しい朝でした。
posted by snowgoose at 18:15| Comment(0) | 自然

2015年11月30日

冬鳥が来ないので・・・

先週の金曜日、置戸は11月とは思えない大雪でした。例年なら大雪のあと、家の前の除雪が終わったとたんにベニヒワやミヤマホオジロなどの冬鳥がやって来るのですが、今年は暖かいせいか、まだこのあたりでは冬鳥らしい冬鳥を見かけません。ゴジュウカラがいつもより多いくらいで、あとはいつものシジュウカラ・シマエナガ・ハシブトガラ・ヒヨドリなどばかりです。暖かいのは仕事はしやすくて良いのですが、冬は冬らしく寒くなって欲しいものです。

冬鳥が来ないので、今日は雪が降る前に出てきた虫たちの写真です。

11月中頃、家庭菜園の畑起こしをしていると、土の中からエゾマイマイカブリが出てきました。
ezomaimaika1511.jpg
成虫で越冬するとは知りませんでした。

草陰には、7〜8mm程度ととても小さな個体のヒラタシデムシが隠れていました。
普通の半分くらいの大きさだったので、違う種類のシデムシかもしれません。
hiratashidemushi1511.jpg
この虫たち、すでに越冬に入っていたのか、はじめは死んだようにじっとしていましたが、しばらくしたらもぞもぞと動き出しました。ちょっと気の毒なことしました(笑)。

季節外れの虫たちをしばらく観察して、そろそろ仕事に戻ろうと思うと、今度は工房の前に、美しいセンチコガネが歩いていました。
senchikogane1511.jpg
胸部に、私が写り込んでしまいました。すばらしい光沢です。
この個体、ひっくり返してみてもセンチコガネには珍しく、ダニが付いていませんでした。きれいな個体でした。

10月頃、小清水町や大空町でハクガン Snow Gooseが見られたようです。
最近ネットで知ったのですが、見に行きたかったなぁ。
まあ、その頃は置戸開町100周年の感謝状等の額縁製作で全く余裕がなく、ふらふらでしたが・・・。
その頃何度か、工房上空をヒシクイらしき群れが飛んでいくのは見ましたが、その中にもハクガンがいたかもしれません。やはり、双眼鏡は常に手元に置いておかないとダメですね。
posted by snowgoose at 21:52| Comment(0) | 自然

2015年10月26日

沢山のご来場ありがとうございました

昨日25日で、第12回オケクラフト札幌展は終了しました。
沢山のご来場、誠にありがとうございました。
特に最終日、みぞれ交じりの雪の中、「今日はお客さん少ないだろうなぁ」と出展者はがっくりしていたのですが、悪天候など感じさせないほどのお客様に足をお運び頂き、感激でした。
また、チラシやポスターの掲示などでご協力頂いた方々、大変お世話になりました。

お客様との会話の中で、次の商品へのアイデアもわいてきました。
貴重なご意見、ありがとうございました。

来年、第13回オケクラフト札幌展の日程が決定しました。
2016年9月13日(火)〜18日(日)
会場は今年と同じコンチネンタルギャラリーです。
posted by snowgoose at 22:29| Comment(0) | イベント情報

2015年10月21日

第12回オケクラフト札幌展開催中です

昨日より、第12回オケクラフト札幌展が始まりました。
今年は8工房が参加しています。
2015os01.jpg

当工房のブースはこんな感じです。
2015osSnow.jpg

会期は25日(日曜日)までです。
皆様のご来場をお待ちしております。
posted by snowgoose at 08:47| Comment(0) | 日記

2015年10月18日

まもなくオケクラフト札幌展!

10月20日より、いよいよオケクラフト札幌展が開催されます。

今までの春から、秋に移しての開催です。
おかげさまで開催12回目を迎えることができ、
みなさまのご愛顧に心より感謝を申し上げます。
今年も新作をはじめ人気製品を多数年揃え展示販売いたします。
みなさまのご来場をお待ちしております。

第12回オケクラフト札幌展
日時 2015年10月20日(火)〜10月25日(日)
    10:00〜18:00(最終日は17:00まで)
会場 コンチネンタルギャラリー
〒060-0061札幌市中央区南1条西11丁目1
(北洋銀行札幌西支店ビルの地下一階)
posted by snowgoose at 23:18| Comment(0) | イベント情報

2015年10月10日

第7回つながる青空市が開催されます

10月11日(日)10時〜16時まで、秋田県秋田市のクラフト北さんの向かい、外旭川前谷地近隣公園で、東日本大震災チャリティーイベント第7回つながる青空市が開催されます。
aozora7th.jpg

美味しいモノ、楽しい雑貨、LIVEや太鼓の演奏、YOSAKOIなどなど、盛りだくさんの楽しいイベントです。
置戸からは、ものだけの参加ですが、特産のヤーコン茶や、当工房のお買い得なシンプルトレー、NPO法人吉里吉里国さんの「復活の薪」で作ったストラップなどを出品します。

やや天気が不安ですが、秋田県周辺の方、ぜひぜひ足をお運び下さい。
map.jpg
posted by snowgoose at 09:10| Comment(0) | イベント情報

2015年09月09日

ビロウドカミキリ

ずいぶん久しぶりの更新になってしまいました。

今年はビロウドカミキリをよく見かけます。普通種で色は地味ですから目立たないからか、あまり注目されることもないようですが、じっくり見ると名前の通り身体はビロードのように毛が生えているため、見る角度によって色が違って見えて、なかなか美しい虫です。
biroudokamikiri1509-1.jpg
biroudokamikiri1509-2.jpg

複眼が不思議なカタチをしていますね。触覚を包み込むようになっています。
一体、どのように見えているのでしょうか?この目を体験してみたいですね。
biroudokamikiri1509-3.jpg

朽ち木にいる虫です。工房の中に入り込んで、材料の木に産卵はしないで欲しいものです。製材なら大丈夫だと思いますが、皮付きの天然乾燥中の材も少しありますから、ちょっと心配です。
posted by snowgoose at 20:43| Comment(0) | 自然

2015年07月23日

オオヒラタエンマムシ

今日は今まで、カメラを持っていない時にしか見たことのなかったオオヒラタエンマムシが、なぜか家の網戸にくっついていました。

石の上に置いてじっくり観察、この虫は朽ち木や倒木の樹皮などで見られ、樹液にも集まる虫で、名前に「オオ」とついてはいますが体長は10mm程度の小さな甲虫です。まるでクワガタの雌のような大顎を持っているのに体はクワガタと違って丸く、ユーモラスな姿でお気に入りの虫です。ファンも多いようです。
oohirataenmamushi1507-1.jpg
前胸背板前角に深いへこみがあるので、この個体はオスでしょう。

斜め前からのアップ、まるで彫刻のような美しさ?
oohirataenmamushi1507-2.jpg
この大顎は、喧嘩に使うのではなく、樹皮をめくるためのものですかね?
今度見つけたら、朽ち木にくっつけて観察したいと思います。

しばらく見ていると、コブニレの木の方に飛んで行ってしまいました。樹液を探しに行ったのかな?
posted by snowgoose at 22:40| Comment(0) | 自然

2015年07月13日

エゾムラサキと鳥たち

ここ数日、置戸も北海道とは思えない蒸し暑さです。これでも内地よりはマシなんでしょうけど、げんなりしてしまいます。

今、家の周りはエゾムラサキが花盛り、といっても花は5mm程度の小さな花ですが・・・。
ezomurasaki1507.jpg
よく見ると、可憐な可愛らしい花です。

このエゾムラサキ、鳥たちは好物のようです。実か蕾を食べているようです。
先月末、食べていたのはたぶんアオジのメスだと思います。
aoji-mesu1506.jpg

数日前には、ベニマシコのオスがかなり長時間、食べていました。
benimashiko1507.jpg
ベニマシコ、ここ数年、このあたりではほとんど姿を見せなかったのですが、今年は時々やってきます。

虫もいろいろ増えてきました。今年はなぜかオオゾウムシが多いようです。
posted by snowgoose at 22:19| Comment(0) | 自然

2015年06月10日

雨の日の虫たち

このところ、梅雨のような毎日です。
4月下旬から5月前半は、暖かくて木々の花が例年より2週間〜1ヶ月も早く、このまま夏になるかのような勢いでしたが、5月後半から気温も低め、日照時間も少なく、肌寒い日が多いです。

それでも6月、昨日あたりから家の周辺にはミヤマクワガタがやって来るようになりました。
今日は雨の中、庭のカツラで小さなオスが休んでいました。
miyamakuwagata1506.jpg
コクワガタじゃありません、これでもミヤマクワガタです。大顎を入れても34mmしかありませんでした、その上大顎の先端も不格好(折れた形跡はなし)、よほど栄養が少ないところで育った個体なのでしょう。

ヤチダモを見ると、枝が少し変です。
tobimonooedashaku1506-1.jpg
枝になりきってますが、トビモンオオエダシャク(たぶん?)の幼虫です。
ちょっと色が合わないのが残念。

脚も上手く使って、見事に擬態してますね。
tobimonooedashaku1506-2.jpg
30分くらい経ってから見に行ってもまだこのままでした。
すごい腹筋力!に一瞬見えますが、口から出した糸で支えられています。

虫を見ていると、時間があっという間に経ってしまいますね。
posted by snowgoose at 21:13| Comment(0) | 自然