2016年11月06日

まるで12月のようです・・・

昨日今日と北海道は大雪、置戸も40cm位は積もりました。まだ11月に入ったばかりですが、気分はもう12月という感じです。このまま根雪になってしまうのでしょうか・・・早すぎです。

除雪が終わり、休んでいると、注文していたバン用のスタッドレスタイヤが届きました。この大雪じゃ今日は来ないと思っていたのでラッキーでした。

さっそくタイヤ交換を始めると、空から賑やかな声が。
見上げると、マガンヒシクイの群れでした。
大急ぎで携帯電話で撮影しました。
magan161106.jpg
携帯でも意外とちゃんと写るものです。

数を数えると大2グループ小4グループで72羽でした。
濤沸湖に行く途中でしょうか、編隊を変化させながら飛んでいきました。

個体の色まではこの写真でははっきりしませんが、全部黒っぽいのでハクガンはいなそうです。今年は来てないのかな、日本野鳥の会オホーツク支部ブログを見ても観察情報はないですね。

話は変わりますが、今年8月に、15年乗っていたトヨタ・タウンエースバンから、スズキ・エブリイに買い換えました。
普通車から軽自動車へ、ディーゼル車からガソリン車への変更ですが、荷室長が20cmほど短くなっただけで、静かだし、燃費も良いし、乗り心地もはるかにマシになったし、ターボなのでパワーも十分、買い換えて大正解でした。
衝突安全性は・・・まあ、事故らなければ良いわけです。
DA17V.jpg
デザインは・・・食パンみたいです。恐ろしく四角いので室内は広々。

標準タイヤサイズは145/80R12、ターボ車としては細すぎ、さらに145サイズのスタッドレスは効きが悪いのは分かっていたので、外径がほぼ同じになる165/65R13に変更、ホイールはデザインはイマイチながら4.00B-13サイズで4kgと軽量(といっても同サイズのスチールホイールと同じくらいです)の(株)テクノピアのアルテミスLSWというものを選んでみました。
ARTEMIS_LSW13.jpg
センターキャップのセンスは・・・もう少しどうにかならなかったのですかね。

中国製で安いホイールですが、思っていたより品質は良かったです。このホイール、まだあまり売れていないのか、ネット上での画像はメーカーか販売店のものばかり、このブログの画像、貴重かもです。
軽くて安くて品質も良好、デザインに目をつぶれば良いホイールだと思います。
posted by snowgoose at 19:21| Comment(0) | 日記

2016年10月17日

地味なセンチコガネ

極小型カブトムシ、10月10日過ぎくらいからすっかり食欲がなくなり、動きも鈍くなり、とうとう昨日、息を引き取りました・・・。十分長生きしたと思いますが、残念でした。

昨日は置戸町の生ゴミ堆肥町民還元があり、わが家も肥料袋10袋分の堆肥をもらってきて、畑の隅に積んでおきました。
夕方、その臭いに誘われてか、工房の前に小さめのセンチコガネが来ました。
senchikogane1610.jpg

ふつう、センチコガネは金属光沢でキラキラしているのですが、この個体、ほぼ黒色でツヤも少なく、喪服でカブトムシの通夜に来たのかい?と言う感じでした。

ここ数日、ユキムシが盛んに飛んでいます。そろそろ冬ですね・・・。
posted by snowgoose at 18:52| Comment(0) | 自然

2016年09月29日

極小型カブトムシ

この夏、工房や家の周りにはスズメバチが大変多く危険だったため、やむを得ず庭のヤナギの木に、ペットボトルで作ったスズメバチトラップをかけていました。
入口は2cm程あるので、クワガタのメスやコガネムシなどが入ってしまうのではと心配していたものの、以外とクワガタたちは賢いのか、スズメバチとハエやアブしかトラップには入らず、良かったと思っていると、8月終わり頃、なにやら甲虫が入っていました。同時にオオスズメバチも2匹入っていたため、これを救助するのはまずスズメバチだけやっつけなければならず、悪戦苦闘の末、ようやくスズメバチをトラップの液体の中に沈め窒息死させ、甲虫を助け出しました。

その甲虫は、なんとまさかのカブトムシのオス、小さな入口から入れる程の極小型でした。体長は33mmしかありません。
助け出したときはかなり弱っていて、8月末で外に逃がしてもすぐ死んでしまうだろうと思い、飼うことにしました。明日で9月も終わりですが、まだ元気です。
kabutomushi1609.jpg
昆虫ゼリーをバクバク食べます。この小さな身体で、2日ほどで一つ食べます。

頭部のアップ。異様なほど小さな角、先端の角、通常は4つに分かれていますが、2つです。
kabutomushi1609-2.jpg

おそらくは幼虫の時、極端に栄養が不足していた個体だろうと思います。本来北海道にはいないカブトムシ、冬も暖かい農家や畜産家の堆肥の中などで幼虫は過ごしているようです、この個体は、もしかするとわが家の小さな生ゴミや鋸屑で作っている堆肥場で成長したものかもしれません。

この極小型、ネットで調べているとそっくりさんを発見!オキナワカブトムシがこんな感じの小さな角の個体が多いみたいです。まあ、北海道にいるわけはないですが。

カブトムシは越冬することも出来ないと思いますが、少しでも長生きしてくれればと思います。
posted by snowgoose at 22:33| Comment(0) | 自然

2016年09月21日

明日は「もっと馬力だすべぇ祭」へ

明日9月22日、置戸町中央公民館前庭にて、第31回もっと馬力だすべぇ祭が開催されます。

秋の味覚が沢山の、お腹いっぱい大満足のこのイベント、今年も食べ物の他に、焼き物や、もちろんオケクラフトも参加します。
当工房も、訳あり品・旧商品などお買い得品を取りそろえて、皆さんのお越しをお待ちしております!

第31回もっと馬力だすべぇ祭
日時 9月22日(木) 11:00〜14:00
場所 置戸町中央公民館前庭広場(雨天決行)
posted by snowgoose at 17:21| Comment(0) | イベント情報

2016年09月20日

沢山のご来場ありがとうございました

9月18日で、第13回オケクラフト札幌展は無事終了いたしました。
沢山のご来場、誠にありがとうございました。

来年は10月中旬に開催予定です。
これからも、オケクラフトをどうぞよろしくお願い致します。
posted by snowgoose at 23:09| Comment(0) | イベント情報

2016年09月15日

第13回オケクラフト札幌展その3

今日は当工房以外の参加工房のご紹介その2です。

木のマグカップが大人気のwood+さん。
2016-woodp.jpg
珍しいものでは筆置きもあります。

こちらは、スプーンやフォーク・おたまなどカトラリーが充実したクラフト工房 木奏 さんです。
2016-mokusou.jpg

今回は和風のカトラリーのみ出品の工房 大崎さんと、洗練されたデザインが特徴の器を作られているきたのき工房さん。
2016-oosaki-tsuji.jpg

そして最後は、札幌展初登場!草木染め作品を出品しているおけと山の工房さん。
2016-yama01.jpg
スカーフや、バッグ、タペストリーやストラップなど、いろいろあります。
2016-yama02.jpg

今回出品されている工房を、ごく簡単ですがご紹介してきました。とてもとても写真ではお伝えできない魅力がいっぱいです。札幌近郊の方、オータムフェスタ会場からもすぐ近くです。ぜひお立ち寄りください。18日(日)が最終日となります。

第13回オケクラフト札幌展
日時 2016年9月13日(火)〜18日(日)
    10:00〜18:00(最終日は17:00まで)
会場 コンチネンタルギャラリー
〒060-0061札幌市中央区南1条西11丁目1
(北洋銀行札幌西支店ビルの地下一階)
posted by snowgoose at 23:10| Comment(0) | イベント情報

2016年09月14日

第13回オケクラフト札幌展その2

今日もオケクラフト札幌展のご紹介の続きです。今日は当工房以外の参加工房のご紹介その1です。

会場入り口を入ってすぐは曲げ輪がメインの工房 夕花野 さんです。
2016-yuuhanano.jpg
現在では道内唯一の曲げ輪工房です。独立3年目で一度置戸でも事実上途絶えてしまった曲げ輪の技術を再現・創造して新しい曲げ輪に取り組まれています。

その隣は工房 清田 さん。
2016-kiyota.jpg
白樺をメインにろくろ加工の器や箸置きを作られています。

その奥が 工房くつろ木 さん。
2016-sasaki.jpg
白樺の皮を残す作風がメインの工房です。独立2年目の新人さんです。

さらにその奥、当工房の横が クラフトハウスいわふじ さん。
2016-iwafuji.jpg
オケクラフト創立当初からクラフト制作に打ち込んでこられた大先輩です。一番オケクラフトらしい工房でエゾマツをメインに、小さなボウルから大きなワインクーラーまで、様々なろくろ作品を作られています、

残りの工房は、また明日ご紹介します。

おまけは、なぞの工房・工房すのろぐーす
2016-sg-hin.jpg
今回は野生化した牧草で、家の周りに雑草のように生えているオーチャードグラス(和名カモガヤ)の茎を使った北欧のインテリア小物、ヒンメリを出品しています。
この工房は当工房内にあるようです。詳細は不明です???
posted by snowgoose at 22:16| Comment(0) | イベント情報

2016年09月13日

第13回オケクラフト札幌展、始まりました

今日13日より、第13回オケクラフト札幌展が始まりました。
初日から、沢山のお客様にご来場いただいております。ありがとうございます。

入り口から、こんな感じです。ちょっと今までと違う雰囲気です。
2016oke-sappro01.jpg
今回初参加の草木染めの作品が、皆様をお出迎えいたします。

当工房のブースです。いつもの定番と、新商品少々。
2016-sg01.jpg

新商品、その1、定規付きしおり
2016-sg-shiori.jpg
しおりに定規で実用性はどうなんでしょう、とも思いますがお陰様で好評です。

新商品、その2、組み合わせパズルのKumiPaクミパです。
2016-sg-kumipa.jpg
これは厚さ4mmの2.5×7.5cmのMDF(中密度繊維板)に切り欠きをつけた板を組み合わせてロボットや怪獣、家やヘリコプターなど、創造力を働かせながら作ったり、螺旋状に重ねたり、ドミノにしたり、いろいろな可能性を秘めたパズルです。大人より、子供のほうが自由奔放な感性でさまざまな遊びを思いつくようです。今回全く初めて作ったものです、これからはお客様の意見も取り入れながら、大きさや数、形状についても検討を重ねていきたいと思っております。

今日はこの辺で。次回では他の工房の作品もご紹介いたします。

第13回オケクラフト札幌展
日時 2016年9月13日(火)〜18日(日)
    10:00〜18:00(最終日は17:00まで)
会場 コンチネンタルギャラリー
〒060-0061札幌市中央区南1条西11丁目1
(北洋銀行札幌西支店ビルの地下一階)

posted by snowgoose at 20:57| Comment(0) | 日記

2016年09月09日

13日からはオケクラフト札幌展です!

いよいよ来週の火曜日、9月13日から18日まで、第13回オケクラフト札幌展が開催されます。

今年は、11(+1)工房が参加し、木工品だけではなく、草木染めの作品や、ナゾの工房?すのろぐーす作のヒンメリも出品されます。
oke-sapporo2016.jpg

当工房は、定番商品の他、今までになかった新しい分野の商品も展示・販売致します。
札幌近郊の方、是非とも足をお運び下さい。

第13回オケクラフト札幌展
日時 2016年9月13日(火)〜18日(日)
    10:00〜18:00(最終日は17:00まで)
会場 コンチネンタルギャラリー
〒060-0061札幌市中央区南1条西11丁目1
(北洋銀行札幌西支店ビルの地下一階)
posted by snowgoose at 17:24| Comment(0) | イベント情報

2016年08月29日

キラキラな甲虫たち

最近は雨の日が多く、あまり昆虫を観察できず残念です。
今日は、ブログを更新できなかったときに撮り貯めた虫の写真の中から、メタリックな2匹を紹介します。

7月終わり頃、家の玄関にキラキラ輝くハンノアオカミキリがいました。
hannoaokamikiri1607.jpg
光線の当たり具合によって緑がかったり青がかったり、綺麗な虫です。

近くの葉っぱの上にはオオアオゾウムシ
ooaozoumushi1607.jpg
ハンノアオカミキリほどではないですが、キラキラです。北海道〜九州にかけて生息し、このあたりでは普通にいますが、調べてみると千葉県では絶滅危惧種となっているようです。
posted by snowgoose at 21:59| Comment(0) | 自然