2018年07月24日

ヤマグワ

ずいぶんとしばらくぶりの更新になりました。これからは、もう少しこまめに書きたいと思います。

うちの裏庭(と書くとなにやら立派ですが、裏藪と言った方が適当かもです。笑)には、2本のヤマグワの若木が植えてあります。山から採ってきたものではなく、庭に勝手に生えてきた幼木を移植したものです。おそらく、樹齢は7年くらい、ヤマグワは雌雄異株なので運が良ければあと数年したら実を付けるかなと思っていましたが、今日よく見ると、期待より早く数個の実がなっていました。
kuwanimi.jpg
数が少ないので、今年は食べるのは我慢するかな。
実を付けているのは1本だけ、どうやら上手い具合に雄株と雌株だったようです。

ヤマグワ、なにより面白いのがその葉っぱ。その形は1本の木でもまちまち、このいい加減な適当感が大好きです。

これは6分裂。
yamaguwa1.jpg

4分裂や3分裂にほぼ分裂なし。
yamaguwa2.jpg

2分裂やらいろいろ。
yamaguwa3.jpg

なんか、自由でいいですね。
基本、雌雄異株ですが、雌雄同株の個体もあるそうで、このあたりも自由な感じですね。

クワは材としてはほとんど出回ることはなく、使ったことはありませんが、見事に杢の入ったクワを使った古い茶箪笥を見たことはあります、いつか、使ってみたい木の一つです。
posted by snowgoose at 22:06| Comment(0) | 自然

2018年05月21日

Camel Moonmadness tour 2018

5月16・17日は2年ぶりの来日となったCamelMoonmadness tour 2018に行ってきました。
club-citta.jpg

Moonmadness.jpg

本当は19・20日の公演にも行きたかったのですが、6月1日からオケクラフト展 in Tokyo 2018 があるので泣く泣く今回は2公演のみの参加となりました。今回は前半がMoonmadness、休憩を挟んで後半が色々なアルバムからの選曲で、少し残念なことにThe Snow Gooseからは1曲もなし(19日のアンコールでは演奏されたそうです・・・)でしたが、大好きなアルバムDust and Dreamsからは3曲も、Mystic Queenの別バージョンそれとも新曲?のMystic Dreams、さらに新曲のDingley Dellも聴けました。
Andrew Latimerさんの元気な姿が見られただけでも感動なのですが、演奏も素晴らしく、感動の3時間でした。
2年前のツアーから参加のPete Jonesさんはすっかりバンドの一員となって、Peter Bardensさん脱退後は事実上Andrew LatimerさんバンドとなっていたCamel、これからはAndrewさんとPeteさん、二人のソングライターがいるバンドに成長していくのではないかと期待せずにはいられません。新曲Dingley Dellはまさに二人の良さが融合したような素敵な曲でした!近い将来に新しいアルバムが発表されると良いですね!

沢山の元気を頂いてきました。私ももっと頑張らなければと思います。
posted by snowgoose at 22:39| Comment(0) | 音楽

2018年05月10日

マツモムシ

久々の更新となってしまいました。
最近は「オケクラフト展 in Tokyo 2018」の準備で大忙し、ゆっくり庭を散策する時間がなくてなかなか虫たちの観察が出来ません・・・この春、置戸は気温は低く天気もイマイチの日が多いので、まだ虫たちの活動がいつものこの時期より少ないのも間違いありません、活発になれば、仕事より虫が優先になってしまうこともありますので。笑
それでも数日前、地上では目にすることが少なめなマツモムシが、なぜかクルマの上にいました。
matsumomushi1805.jpg

脚の形を見れば一目瞭然、水生昆虫です。でもアメンボやガムシなどと同じように、立派に飛ぶことが出来る羽を持っていますので、水辺以外でも見かけることはさほど珍しいことではありません。それでもクルマの上でじっくり観察できたのはなんか変な感じでした。
posted by snowgoose at 22:08| Comment(0) | 自然

2018年03月18日

アトリが1羽

3日前から、庭に1羽のアトリがやって来るようになりました。この冬初めての登場、群れで来ることが多いのですが、今のところ1羽だけ、はぐれたのでしょうか。

この冬はベニヒワやミヤマホオジロなどの冬鳥が全く来なかったので、庭でタデ科の草・ミチヤナギの種などを食べまくる鳥を観察できるのは久しぶりです。
くちばしに種のからみたいのがいっぱい付いてますよ。笑
atori1803161.jpg

比較的警戒心が弱いですが、3〜5mくらいまで近づくと、サッと近くの木に。
atori1803162.jpg

アトリはこのあたりでは冬の終わりにやって来る鳥、ようやく春が近づいて来た感じがします。
posted by snowgoose at 20:48| Comment(0) | 自然

2018年03月15日

ヤマガラ

今日は工房や家の周りでは珍しく、シジュウカラに混じってヤマガラが一羽やってきました。
yamagara18031.jpg
ヤマガラというと、おみくじというイメージを持つ方も多いかと思います。
ちょっとおどけた表情が愛らしいです。

庭のヤナギにペットボトルで作る簡易給餌器を設置して、ヒマワリの種を入れています。ほぼシジュウカラが食べるのですが、ヤマガラも好きみたいですね。
yamagara18032.jpg

yamagara18033.jpg
何粒も食べていました。

そろそろ、オオモズがやってこないかなと期待しています。
posted by snowgoose at 20:47| Comment(0) | 自然

2018年03月11日

7年

東日本大震災から7年経ちました。
改めて、犠牲になった方々のご冥福をお祈りします。

私が復興のために出来ることはほんのわずかしかありませんが、これからも少しでも役に立てることがあれば積極的に行動したいと思っています。

まず、忘れないこと、他人事でなく自分たちのことと思うこと、それだけはいつも心がけていきます。

昨年は毎年続けていた東北旅行が出来ませんでしたが、今年は秋には行こうと思っています。

当方の商品で底板を色々な木を集成して作っているミニトレー・ストライプには、必ず岩手県大槌町のNPO法人「吉里吉里国」さんの「復活の薪」を材料としたスギまたはヒバが入っています。手にしてくださった方が、被災地に思いを寄せるきっかけの一つになればと思っています。
posted by snowgoose at 20:45| Comment(0) | 日記

2018年01月31日

皆既月食

-20℃近くととても寒いですが、置戸ではきれいに皆既月食が観察できました。
180131moon.jpg

赤い月、何度見ても不気味だけどきれいですね。
posted by snowgoose at 23:08| Comment(0) | 自然

2018年01月24日

マヒワの群れ

何度か見かけた何かの群れ、やはりベニヒワではなかったようです。
この冬は、渡ってきていないみたいですね、残念。

昨日、群れの正体がマヒワだったことが判明。
工房前のカラマツに30〜40羽でやってきました。
mahiwa180123.jpg
距離がある上にほぼ逆光だったので、写りはトホホですが・・・賑やかに楽しそうにカラマツの種をついばんでいました。
posted by snowgoose at 21:11| Comment(0) | 自然

2018年01月22日

いつもの鳥たち

依然として冬鳥らしい冬鳥は来ません。この冬は、ベニヒワに会えそうにありませんね・・・。

いつもの鳥たちは元気にほとんど毎日やってきます。
シマエナガはいつ見ても可愛いです。シラカンバにて。
shimaenaga1801181.jpg

shimaenaga1801182.jpg

たいていシマエナガと一緒にやってくるハシブトガラ。バッコヤナギにて。
hashibuto1801181.jpg

それではまた。
hashibuto1801182.jpg
posted by snowgoose at 22:23| Comment(0) | 日記

2018年01月10日

ウソにクモガタガガンボ

冬鳥が来ない来ないと嘆いていたら、今日はウソがオス2羽・メス1羽来ました。まあ、ウソは留鳥ですが、このあたりで姿が見られるのは冬だけですから、ちょっと嬉しいですね。
uso180110.jpg
窓越しに撮ったので、イマイチですが、庭のヤマハギの実を食べに来たので至近距離で観察できました。
ふと視線を上にすると、30〜40羽の何かの群れが飛んでいました。高度が高く、ちょっとしか見られなかったのでよくわかりませんでしたが、この時期だとベニヒワの可能性が高いですね。やっと来たかな?

除雪をしていると、足元にはクモガタガガンボが。
kumogatagaganbo1801.jpg
脚の毛に小さな氷の粒?が付いていて、なんか寒そうですね。
posted by snowgoose at 23:18| Comment(0) | 日記