2017年05月15日

クロコブゾウムシ

ゴールデンウィークは暑いくらいだった置戸ですが、このところ肌寒い日が続いています。

それでも確実に虫たちは増えてきました。変わった虫がいると仕事を中断されてしまうのは困りものですが・・・。

今日は3時の休憩で、庭を散策(というほど広くはないですが 笑)していると、切り株の上でなにやらひっくり返っていました。
kurokobuzou17051.JPG

よく見るとクロコブゾウムシでした。
名前の通り、黒くてコブだらけ、鳥の糞にでも擬態しているのでしょうか。
kurokobuzou17052.JPG
これで脚がないと、まるで手榴弾、これぞミリタリールックですね。

普通に見られる虫です、見つけたら、ぜひじっくり見てみて下さい。おもしろい形です。
posted by snowgoose at 21:51| Comment(0) | 自然

2017年05月05日

チビマルカツオブシムシ

昨日は日本一暑かった置戸、春を通り越して夏のようですが、エゾヤマザクラはようやくほころび始めたところで、これから一気に本格的な春がやって来るというところです。

昼ご飯を食べ終わって食休みしていると、網戸に小さな虫がいました。
chibimarukatsuo1705.JPG

網戸が一マス1mm程度ですから、体長2mm弱、調べたところチビマルカツオブシムシでした。これに似たヒメマルカツオブシムシは衣類を食べる害虫としてネット上にも多くの情報がありますが、チビマルは違うようです。

名前の通り、小さくて丸い可愛らしいカツオブシムシでした。
posted by snowgoose at 21:50| Comment(0) | 自然

2017年04月14日

オオモズ?コウゲンモズ?

昨日の置戸は冬に逆戻りしたかのように雪、ところが今日は昨日と打って変わって暖かな小春日和になりました。

3時の休憩をしていると、灰色っぽいモズがいました。オオモズ??
oomozu1704141.JPG

10年ほど前の3月末頃にも一度、オオモズが来たことはあるのですが、そのときより少し赤っぽいような。
oomozu1704142.JPG

オオモズではなくてモズの色違いのコウゲンモズでしょうか?
oomozu1704143.JPG

オオモズだと嬉しいけど、コウゲンモズの可能性が高いかな?

おわかりになる方いらっしゃいましたら、コメントよろしくお願いします。
posted by snowgoose at 23:45| Comment(0) | 自然

2017年04月03日

クロホシカメムシ

この冬は雪が少なかったので雪解けが早いかと思ったのですが、思いの外気温が上がらず、工房が積雪ゼロになるのはあと2週間くらいはかかりそうな感じです。

といっても確実に春らしくなってきて、虫たちも活動開始です。

工房前に、クロホシカメムシが歩いていました。
kurohoshikamemushi1704.jpg
越冬個体が出て来たのですね、地味ですが、シックでなかなかスタイリッシュ?

越冬個体と言えば、例年だとこの時期、エルタテハやシ−タテハがよく見られるのですが、今年はまだ1回も見ていません。工房内でも良く越冬するので、この時期は毎日数回、窓ガラスでバタバタと外に出たがっている子を逃がしてやるのが恒例なのですが、これもなし。何なんでしょうか?
この冬は庭にほとんど冬鳥はやってこなかったし、何かおかしいですね・・・。
posted by snowgoose at 22:17| Comment(0) | 自然

2017年03月11日

6年

今日で東日本大震災から6年が経ちました。
改めて、命を落とされた方にご冥福をお祈りするとともに、今も力を落とされている方が一日でも早く笑顔で暮らせる日が来ることをお祈り致します。

私に出来ることは、祈ること、被災地に旅行に行って皆さんのお話を聞いたりその話を自分の周りの人達に伝えること、被災地でお土産を買ったり、宿に泊まってほんのわずかながらお金を落としていくこと、木工関係の方々との交流することくらいですが、これからも続けていきます。

木工関係では、岩手県の大槌町や釜石市の方と、大槌町の浪板海岸にちなんだ新しいアイテムの試作を行っているところです。どのように進んでいくか、楽しみです。

大震災、なければ良かったのに心から思いますが、大震災があったからこそ、東北の方々とつながることが出来たのも事実です。このつながりがあるから、今の私があると思います。被災地で活動されている方々から、いつも沢山の勇気や力をいただいている気がします。

東北に行く時間もお金もない、でもなにか力になりたい、そんな方、クラウドファンディングで応援という方法もありますよ!

宮城県女川町で“木”のおさかなonagawa fishを作られているonagawa factoryさんが新商品を作ってブランドを再構築すべく、クラウドファンディングで資金調達を試みています。
皆さんも、ぜひ応援よろしくお願いします。

女川町の勇気と希望のキセ木のおさかなonagawa fishの物語
posted by snowgoose at 21:23| Comment(0) | 日記

2017年03月09日

オケクラフト札幌展のホームページが出来ました

昨年、オケクラフト札幌展のfacebookページを作りましたが、facebookは構成上、投稿記事がどんどん流れていくので、やはり固定した情報を発信するホームページが必要だということになり、今年に入ってから少しずつ作成、関係機関との調整も済み、昨日公開しました。

オケクラフト札幌展公式ページ
Ocsaex-hp.jpg

このページ、WordPressで作りました。まあブログと同じようにして作れるのですが、簡単と言えば簡単、でも結局はある程度HTML・CSS・PHP等の知識がないと思ったようには出来ませんね。初心者にお勧めしているサイトもありますが、どうでしょうね、初心者向きとはあまり思えません。私は工房のホームページを作っているので多少は経験があったのでなんとか形にはなりましたが・・・まだまだですね。

少しずつ内容を充実させていくつもりです。時々、のぞいてみて下さい。
posted by snowgoose at 21:38| Comment(0) | イベント情報

2017年02月27日

シメ

まだ気温は低い日も多いものの、光はすっかり春めいてきました。

今日は、シメが来ました。
珍しい鳥ではありませんが、家の周りにはあまり来ません。
shime170227.jpg
ネコヤナギの花芽も膨らんできました。もうすぐ春という感じです。

この冬、工房や家の周りには、いつもの鳥だけで、冬鳥らしい冬鳥が来ません。雪が少ないせいで、里まで下りてこないのでしょうかね。
posted by snowgoose at 20:45| Comment(0) | 自然

2017年02月21日

ニューマシン

昨年のクリスマスイブ、うちにやってきて12年、御年約40歳のフォークリフト、トヨタ3FG10、ついにエンジンがダメになり、動かなくなってしまいました。修理には30〜40万円ほどかかりそうだとのことで、仕方なく手放し、新しいフォークリフトを買うことになりました・・・今までありがとう3FG10!!
3fg10-2017.jpg
クラシカルでちょっとベルトーネというかイタリアンテイストのデザイン、可愛らしくて好きでした。この子はうちに来る前は福井の港で働いていたようで、来たときは錆でボロボロなのをペンキを塗ってきれいにして、エンジン・ブレーキ・マスト等あらゆるところを修理しながら(購入価格より修理代のほうがはるかに高い!)、なんとか使ってきただけに愛着はありましたが、もうそろそろ引退させてやろうと買い換えを決心したのでした。

そして今年1月末日にやってきたのが、TCMのFD18Z17というマシンです。1989年生まれの28歳のマシン、だいぶ古いけど程度はまあまあです。パワステ付きで楽々。なんとベッドライトもテールランプもサイドミラーまで付いています!
(これが当たり前ですが、前の3FG10には何もなかったのでした。)
FD18Z17-1.jpg

FD18Z17-2.jpg

直線基調でこれはこれで悪くないデザインだと思います。最近の変に曲線が多い重機のデザインよりすっきりしていていいですね。調べてみたら、1990年のグッドデザイン賞・特別賞をもらっているようです。

エンジンは、いすゞのC240、2400ccのディーゼルでなかなか力あります。
C240.jpg
ちなみにエンジンだけでなく、デザインにもいすゞが関係しているようです。
ボンネットには吸音断熱材が貼られているので静かですが、熱があまり伝わってこないので除雪中は寒いという欠点が・・・。

このクルマ、私が3オーナー目らしいです。一つ前は農家が所有していたとか。その前は不明ですが、プレクリーナーが付いているところを見ると、粉塵の舞うような職場、肥料工場とかコンクリート製造現場あたりで使われていたのかもしれません。中古品は、その歴史を推理するのも楽しいものです。
donaldson.jpg
ドナルドソン製、ドナルドといってもトランプではありませんよ。笑

ボディもバケットも錆がかなり進んでいるので、春になったらきれいに塗り直してやろうと思います。TCMはすでに会社がなく(ユニキャリアが引き継いでいますが)部品供給には若干の不安がありますが、15年くらいは働いてくれるといいなぁ。私が社会人になったのも1989年、同期のFD18Z17、よろしく頼むぞ!
posted by snowgoose at 22:42| Comment(0) | 日記

2017年02月03日

明日から「オホーツクウッドクラフトフェスティバル」

いよいよ明日2月4日(土)・5日(日)、「オホーツクウッドクラフトフェスティバル」が開催されます。

場 所 北見市「オホーツク木のプラザ」
時 間 4日 9:30〜16:30、5日 9:30〜16:00

置戸の3工房+森林工芸館は正面玄関から入って奥のほうになります。森林工芸館は作り手養成塾2年生3名の作品が中心、工房夕花野は曲げ輪をメインに、工房zephは腰かける家具とそのミニを、当方はトレー各種やフォトスタンド(新作の「ましかく」登場です!)・ウォッチスタンド・木のしおりなど、各工房定番・新作をご用意して皆様のお越しをお待ちしております。

また「マイ箸作り体験」コーナーもあり、こちらも置戸が担当します。
owkf2017.jpg

このクラフトフェスは、「北見冬まつり」のなかのイベントの一つとなっており、クラフトフェス以外にも、雪山の滑り台・氷彫刻・雪像・グルメコーナーなど盛りだくさんで、オホーツクの冬を皆様にお楽しみ頂けるイベントになっています。
posted by snowgoose at 21:00| Comment(0) | イベント情報

2017年01月21日

クモガタガガンボとシマエナガ

虫のきわめて少ないこの季節、たまに出会えるととても嬉しい気分になりますね。

昨日はクモガタガガンボの一種がいました。5mm程度の小さな虫ですが、白い雪の上、目立ちます。
kumogatagaganbo1701.jpg
この個体は脚が4本しかありませんでした。喧嘩でもしたのでしょうか。羽はもともと痕跡しかありません。

クモガタガガンボはその種類の数も生態もナゾの多い昆虫のようです。
晩年はクモガタガガンボの研究でもしながら、のんびり過ごしたいですね(笑)。

今年もシマエナガは盛んに家や工房の周りにやってきます。
飛び立った瞬間の写真が撮れました。
shimaenaga1701.jpg
顔にかかった枝の影が残念でした・・・。

ベニヒワの50羽程度の群れがこの付近に滞在しているようで、家や工房のあたりでも、時折上空を群れで飛んでいるときがありますが、今年は庭には降りてきません。人気のない山の方に、餌が豊富なのでしょうか。庭に来ないと寂しいですが、仕事がはかどって助かります。
posted by snowgoose at 22:26| Comment(0) | 自然