2016年12月21日

ゴジュウカラにヤマゲラ、シマエナガ

先日、家の窓に激突したゴジュウカラ、どうやら元気なようで良く庭に来ます。今日も窓にぶつかりそうになっていましたので、たぶん同じ個体なのではと思います。
gojuukara1612.jpg

相変わらず、ベニヒワやミヤマホオジロなどの冬鳥は来ませんが、シマエナガやシジュウカラ、ヒヨドリにヤマゲラなど賑やかです。

今日は家のすぐ近くにヤマゲラが来ました。
yamagera1612.jpg
至近距離で見ると結構大きく感じます。あまり可愛くないですね。

やっぱり可愛いのはシマエナガです。
shimaenaga1612.jpg
シマエナガは留鳥ですが夏は里まであまり下りてこないので、群れでやって来ると冬らしく感じます。
posted by snowgoose at 22:28| Comment(0) | 自然

2016年12月03日

脳しんとう

脳しんとうと言っても、私ではありません、安心してください。

今日、昼ご飯を食べていると、窓に何かが衝突しました。
窓の下を見ると、ゴジュウカラがうずくまっていました。
gojyukara161203.jpg

外傷はなく、脳しんとうを起こしているだけのようなので、
そっと抱えてダンボール箱に入れてフタをして、暖かい部屋に置いておきました。
30分くらいすると、ごそごそと動き出したので一安心、
フタをあけてダンボール箱ごと外に置くと、きょろきょろした後、箱を飛び出し、
しばらくちょんちょんと跳ねて、その後飛んでいきました。めでたしめでたし。

今年の夏頃、ハシブトガラが工房の窓に衝突したことがあり、
そのときは保護したものの人に触られたのがストレスになったのか、
外傷はなかったものの1時間くらいで死んでしまいました・・・。
今日は大丈夫だったようなので、良かったです。

鳥インフルエンザの蔓延が心配ですが、そろそろ置戸も冬鳥の季節、
楽しみな時期になりました。今年は、ベニヒワが多いといいなぁ。
posted by snowgoose at 18:19| Comment(0) | 自然

2016年10月17日

地味なセンチコガネ

極小型カブトムシ、10月10日過ぎくらいからすっかり食欲がなくなり、動きも鈍くなり、とうとう昨日、息を引き取りました・・・。十分長生きしたと思いますが、残念でした。

昨日は置戸町の生ゴミ堆肥町民還元があり、わが家も肥料袋10袋分の堆肥をもらってきて、畑の隅に積んでおきました。
夕方、その臭いに誘われてか、工房の前に小さめのセンチコガネが来ました。
senchikogane1610.jpg

ふつう、センチコガネは金属光沢でキラキラしているのですが、この個体、ほぼ黒色でツヤも少なく、喪服でカブトムシの通夜に来たのかい?と言う感じでした。

ここ数日、ユキムシが盛んに飛んでいます。そろそろ冬ですね・・・。
posted by snowgoose at 18:52| Comment(0) | 自然

2016年09月29日

極小型カブトムシ

この夏、工房や家の周りにはスズメバチが大変多く危険だったため、やむを得ず庭のヤナギの木に、ペットボトルで作ったスズメバチトラップをかけていました。
入口は2cm程あるので、クワガタのメスやコガネムシなどが入ってしまうのではと心配していたものの、以外とクワガタたちは賢いのか、スズメバチとハエやアブしかトラップには入らず、良かったと思っていると、8月終わり頃、なにやら甲虫が入っていました。同時にオオスズメバチも2匹入っていたため、これを救助するのはまずスズメバチだけやっつけなければならず、悪戦苦闘の末、ようやくスズメバチをトラップの液体の中に沈め窒息死させ、甲虫を助け出しました。

その甲虫は、なんとまさかのカブトムシのオス、小さな入口から入れる程の極小型でした。体長は33mmしかありません。
助け出したときはかなり弱っていて、8月末で外に逃がしてもすぐ死んでしまうだろうと思い、飼うことにしました。明日で9月も終わりですが、まだ元気です。
kabutomushi1609.jpg
昆虫ゼリーをバクバク食べます。この小さな身体で、2日ほどで一つ食べます。

頭部のアップ。異様なほど小さな角、先端の角、通常は4つに分かれていますが、2つです。
kabutomushi1609-2.jpg

おそらくは幼虫の時、極端に栄養が不足していた個体だろうと思います。本来北海道にはいないカブトムシ、冬も暖かい農家や畜産家の堆肥の中などで幼虫は過ごしているようです、この個体は、もしかするとわが家の小さな生ゴミや鋸屑で作っている堆肥場で成長したものかもしれません。

この極小型、ネットで調べているとそっくりさんを発見!オキナワカブトムシがこんな感じの小さな角の個体が多いみたいです。まあ、北海道にいるわけはないですが。

カブトムシは越冬することも出来ないと思いますが、少しでも長生きしてくれればと思います。
posted by snowgoose at 22:33| Comment(0) | 自然

2016年08月29日

キラキラな甲虫たち

最近は雨の日が多く、あまり昆虫を観察できず残念です。
今日は、ブログを更新できなかったときに撮り貯めた虫の写真の中から、メタリックな2匹を紹介します。

7月終わり頃、家の玄関にキラキラ輝くハンノアオカミキリがいました。
hannoaokamikiri1607.jpg
光線の当たり具合によって緑がかったり青がかったり、綺麗な虫です。

近くの葉っぱの上にはオオアオゾウムシ
ooaozoumushi1607.jpg
ハンノアオカミキリほどではないですが、キラキラです。北海道〜九州にかけて生息し、このあたりでは普通にいますが、調べてみると千葉県では絶滅危惧種となっているようです。
posted by snowgoose at 21:59| Comment(0) | 自然

2016年08月26日

クロルリハムシ?

甥っ子が遊びに来たり、台風が3個も北海道に上陸したり、なにかと忙しく、気付いたら1ヶ月以上更新していませんでした。台風の時、激しい雨で工房の周りの川はかなり増水して恐怖を感じるほどでしたが、幸い私の工房や家には被害はありませんでした。

今朝、玄関に真っ黒なルリハムシがいました。
kurorurihamusfi1608.jpg

似たようなのがいるので、はっきりはしませんが、たぶんこの子はクロルリハムシだと思います。だとすると北海道の準絶滅危惧種です。普通のルリハムシは良くいますが、確かにこんな黒いのは見かけません。

ちょっとうれしい朝でした。
posted by snowgoose at 20:44| Comment(0) | 自然

2016年05月16日

ベニマシコなど

今年の冬は鳥が少なく寂しい庭でしたが、春になると夏鳥は例年並みか少し多いくらいな感じです。
ホオジロ・アオジ・ハクセキレイ・ノビタキ・オオジシギ・センダイムシクイ・ベニマシコなどなど、いろいろやってきたり、さえずったりしています。モズは来ていないようです。ツツドリは、一昨日声だけ確認しました。そろそろカッコウやトラツグミも鳴き始めることでしょう。

昨日はベニマシコのつがいが裏庭に来ました。
メスは、カツラで一休み。
benimashiko-mesu1605.jpg

こちらはオス、まずは蕗の花で食事中。
benimashiko+huki1605.jpg
綿毛を巣材にするのかと思いましたが、種を食べているようでした。
蕗の花、スコットカメムシも好きみたいですね。2匹一緒に写ってますね。

蕗の次は、コブニレの新芽をパクパク。
benimashiko+nire1605.jpg
よく食べます。

工房前には、ハクセキレイのつがいがよく来ています。
2mくらいまで近づいても逃げません。
hakusekirei1605.jpg
巣材を運んでいることも多いので、近くで巣を作っているようです。
そのうち、雛の姿も見られるかもしれません。楽しみです。

楽しみといえば、工房名の由来にもなっている私の大好きなバンド、Camel16年ぶりの来日公演まであとわずかとなりました。"The Snow Goose"からも数曲、演奏してくれることと思います。とても楽しみです。
Andrew Latimerが骨髄繊維症を患ったため、骨髄移植に成功して体調が回復したとはいえ、もう日本でのライブはないかもしれないと思っていたので、今回の来日は夢のようです。インタビューを読むと、体調は万全とのことですが、大阪と東京で4公演、かなりハードなスケジュールだと思います、少し心配ですが、きっと素晴らしい演奏を聴かせてくれることでしょう。新加入のキーボードプレーヤー、Peter Jonesのプレイも楽しみです。
東京での公演はすべて聴きに行くため、5/19〜23、工房スノーグースはお休みです。あしからず。
posted by snowgoose at 22:15| Comment(0) | 自然

2016年03月08日

トビムシ

昨日今日と最高気温は5℃以上となり、急に雪解けが進みました。
今朝、新聞を取りに行くと工房の屋根の雪が今にも落ちそうになっていました。
seppi1603.jpg
この雪庇の下にポストがあるので、新聞を取るときに落ちてこないかヒヤヒヤしましたが大丈夫でした。でも、その後30分ほどですごい音と共に落ちました、
危ない危ない。

屋根の上ですっかり重くなった雪をフォークリフトで片付けたあと、こんな暖かい日はクロカワゲラが沢山いるかと思って雪上を見てみたところ、期待したほどいません。今年は鳥だけではなくクロカワゲラも少ないのかと思っていると、なにやらとても小さな虫のような生き物が大量にいました。
tobimushi1603-1.jpg
体長は1.5mm程度、日向の雪上に大量にいて、ぴょんぴょん跳ねて落ち着きがなくやたらと動き回っています。

拡大すると、こんなです。
tobimushi1603-2.jpg

クロカワゲラと大きさの比較
kurokawagera+tobimushi1603.jpg

調べたところ、これはトビムシの一種のようです。触角が2本、足が6本、昆虫のようですが、節足動物の六脚類のなかで昆虫よりは原始的な生き物だとのことです。トビムシの仲間は森林土壌などに大量にいるそうです。このトビムシが何トビムシなのか、不明です。文一総合出版さん、ぜひとも「トビムシハンドブック」出版してください!!絶対買います(笑)。

初めて見たような気がしますが、あまりに小さいのでぱっと見たところは雪の上の土埃にしか見えないので、ひょっとしたら今まで見過ごしていたのかもしれません。生き物観察を趣味とする者として、まだまだ注意力が不足しているようです。
posted by snowgoose at 22:51| Comment(0) | 自然

2016年02月13日

ゴジュウカラ

この冬は冬鳥が来ないだけでなく、ハシブトガラやシマエナガもやや少ない感じですが、ゴジュウカラは例年より多い気がします。

今日も、ヤナギの枝を突いて、潜んでいる虫を探していました。

真っ正面からの顔、面白いですね。
gojuukara160213-1.jpg

横から、枝で目が隠れてしまいました・・・。
gojuukara160213-2.jpg

その後、カラマツに移動、ゴジュウカラらしい下を向いた姿を撮りたいと思いましたがこの個体、なぜか上を向いてばかり、そのうちどこかに飛んでいってしまいました。
posted by snowgoose at 22:05| Comment(0) | 自然

2016年02月11日

雪上の鳥?

年が明けて1ヶ月以上経ちましたが、工房や家の周りには、相変わらず冬鳥らしい冬鳥はやってきません。
先日、裏山をスノーシューで散歩してみましたが、やはり冬鳥はいません。ここまで冬鳥が居ない冬は初めてです。

ふと足元見ると、そこには3mmほどの小さな鳥のようなものが・・・。
shirakanba_tane.jpg
さて、これはなんでしょう?
答えはこちらです。
posted by snowgoose at 18:55| Comment(0) | 自然

2015年12月06日

キネズミ

最近、高齢者の方と話すと、「この冬はキネズミが多いな」と言う方が多いです。
北海道でキネズミと言えば、エゾリスのことです。
この秋、ナラやヤマブドウ・チョウセンゴミシなどの山の木々は実りが少なく、餌集めに苦労しているようで、山だけでなく、車道を横断する姿も良く目にしました。家や工房の周りにもよく出没しています。

今朝は、裏庭のコブニレにやってきました。
ezorisi1512-1.jpg
なにか持ってるのかと思ったら、持ってませんでした。

「よし、頑張って餌を探すぞ!」
ezorisi1512-2.jpg
拳を握りしめています??

あっという間にいなくなってしまいましたが、楽しい朝でした。
posted by snowgoose at 18:15| Comment(0) | 自然

2015年11月30日

冬鳥が来ないので・・・

先週の金曜日、置戸は11月とは思えない大雪でした。例年なら大雪のあと、家の前の除雪が終わったとたんにベニヒワやミヤマホオジロなどの冬鳥がやって来るのですが、今年は暖かいせいか、まだこのあたりでは冬鳥らしい冬鳥を見かけません。ゴジュウカラがいつもより多いくらいで、あとはいつものシジュウカラ・シマエナガ・ハシブトガラ・ヒヨドリなどばかりです。暖かいのは仕事はしやすくて良いのですが、冬は冬らしく寒くなって欲しいものです。

冬鳥が来ないので、今日は雪が降る前に出てきた虫たちの写真です。

11月中頃、家庭菜園の畑起こしをしていると、土の中からエゾマイマイカブリが出てきました。
ezomaimaika1511.jpg
成虫で越冬するとは知りませんでした。

草陰には、7〜8mm程度ととても小さな個体のヒラタシデムシが隠れていました。
普通の半分くらいの大きさだったので、違う種類のシデムシかもしれません。
hiratashidemushi1511.jpg
この虫たち、すでに越冬に入っていたのか、はじめは死んだようにじっとしていましたが、しばらくしたらもぞもぞと動き出しました。ちょっと気の毒なことしました(笑)。

季節外れの虫たちをしばらく観察して、そろそろ仕事に戻ろうと思うと、今度は工房の前に、美しいセンチコガネが歩いていました。
senchikogane1511.jpg
胸部に、私が写り込んでしまいました。すばらしい光沢です。
この個体、ひっくり返してみてもセンチコガネには珍しく、ダニが付いていませんでした。きれいな個体でした。

10月頃、小清水町や大空町でハクガン Snow Gooseが見られたようです。
最近ネットで知ったのですが、見に行きたかったなぁ。
まあ、その頃は置戸開町100周年の感謝状等の額縁製作で全く余裕がなく、ふらふらでしたが・・・。
その頃何度か、工房上空をヒシクイらしき群れが飛んでいくのは見ましたが、その中にもハクガンがいたかもしれません。やはり、双眼鏡は常に手元に置いておかないとダメですね。
posted by snowgoose at 21:52| Comment(0) | 自然

2015年09月09日

ビロウドカミキリ

ずいぶん久しぶりの更新になってしまいました。

今年はビロウドカミキリをよく見かけます。普通種で色は地味ですから目立たないからか、あまり注目されることもないようですが、じっくり見ると名前の通り身体はビロードのように毛が生えているため、見る角度によって色が違って見えて、なかなか美しい虫です。
biroudokamikiri1509-1.jpg
biroudokamikiri1509-2.jpg

複眼が不思議なカタチをしていますね。触覚を包み込むようになっています。
一体、どのように見えているのでしょうか?この目を体験してみたいですね。
biroudokamikiri1509-3.jpg

朽ち木にいる虫です。工房の中に入り込んで、材料の木に産卵はしないで欲しいものです。製材なら大丈夫だと思いますが、皮付きの天然乾燥中の材も少しありますから、ちょっと心配です。
posted by snowgoose at 20:43| Comment(0) | 自然

2015年07月23日

オオヒラタエンマムシ

今日は今まで、カメラを持っていない時にしか見たことのなかったオオヒラタエンマムシが、なぜか家の網戸にくっついていました。

石の上に置いてじっくり観察、この虫は朽ち木や倒木の樹皮などで見られ、樹液にも集まる虫で、名前に「オオ」とついてはいますが体長は10mm程度の小さな甲虫です。まるでクワガタの雌のような大顎を持っているのに体はクワガタと違って丸く、ユーモラスな姿でお気に入りの虫です。ファンも多いようです。
oohirataenmamushi1507-1.jpg
前胸背板前角に深いへこみがあるので、この個体はオスでしょう。

斜め前からのアップ、まるで彫刻のような美しさ?
oohirataenmamushi1507-2.jpg
この大顎は、喧嘩に使うのではなく、樹皮をめくるためのものですかね?
今度見つけたら、朽ち木にくっつけて観察したいと思います。

しばらく見ていると、コブニレの木の方に飛んで行ってしまいました。樹液を探しに行ったのかな?
posted by snowgoose at 22:40| Comment(0) | 自然

2015年07月13日

エゾムラサキと鳥たち

ここ数日、置戸も北海道とは思えない蒸し暑さです。これでも内地よりはマシなんでしょうけど、げんなりしてしまいます。

今、家の周りはエゾムラサキが花盛り、といっても花は5mm程度の小さな花ですが・・・。
ezomurasaki1507.jpg
よく見ると、可憐な可愛らしい花です。

このエゾムラサキ、鳥たちは好物のようです。実か蕾を食べているようです。
先月末、食べていたのはたぶんアオジのメスだと思います。
aoji-mesu1506.jpg

数日前には、ベニマシコのオスがかなり長時間、食べていました。
benimashiko1507.jpg
ベニマシコ、ここ数年、このあたりではほとんど姿を見せなかったのですが、今年は時々やってきます。

虫もいろいろ増えてきました。今年はなぜかオオゾウムシが多いようです。
posted by snowgoose at 22:19| Comment(0) | 自然

2015年06月10日

雨の日の虫たち

このところ、梅雨のような毎日です。
4月下旬から5月前半は、暖かくて木々の花が例年より2週間〜1ヶ月も早く、このまま夏になるかのような勢いでしたが、5月後半から気温も低め、日照時間も少なく、肌寒い日が多いです。

それでも6月、昨日あたりから家の周辺にはミヤマクワガタがやって来るようになりました。
今日は雨の中、庭のカツラで小さなオスが休んでいました。
miyamakuwagata1506.jpg
コクワガタじゃありません、これでもミヤマクワガタです。大顎を入れても34mmしかありませんでした、その上大顎の先端も不格好(折れた形跡はなし)、よほど栄養が少ないところで育った個体なのでしょう。

ヤチダモを見ると、枝が少し変です。
tobimonooedashaku1506-1.jpg
枝になりきってますが、トビモンオオエダシャク(たぶん?)の幼虫です。
ちょっと色が合わないのが残念。

脚も上手く使って、見事に擬態してますね。
tobimonooedashaku1506-2.jpg
30分くらい経ってから見に行ってもまだこのままでした。
すごい腹筋力!に一瞬見えますが、口から出した糸で支えられています。

虫を見ていると、時間があっという間に経ってしまいますね。
posted by snowgoose at 21:13| Comment(0) | 自然

2015年06月03日

オオジシギ

毎年、裏山からはよく鳴き声や独特の激しい羽音は聞こえていたオオジシギ、どうも今年は工房の周辺を縄張りにしたようで、連日、工房の周りを賑やかに飛び回っています。

よく電柱のてっぺんでさえずっています。
こちらは工房横の電柱にて。
oojishigi0506-1.jpg

工房前の電柱もお気に入りの場所のようです。
oojishigi0506-2.jpg

目が上の方に付いているので、ちょっと滑稽な顔ですね。
oojishigi0506-3.jpg

急降下しながらゴゴゴゴゴと大きな羽音を出すのは「ディスプレイ・フライト」と呼ばれ、メスへの求愛や侵入者への威嚇とのことです。とにかく賑やかな鳥で姿もユーモラス、見ていて飽きません。

なんと、オーストラリアから渡ってきているそうです。
片道9千km以上!すごいですね!
posted by snowgoose at 21:45| Comment(0) | 自然

2015年05月24日

ルイスコメツキモドキとコガネコメツキ

昨日、お隣から大量のコゴミを頂きました。コゴミ、美味しいですよね。

このコゴミの中から、10匹ほどコメツキムシのような甲虫が出てきました。
コゴミが好きなようです。

見た目は細身のコメツキなのですが、捕まえてひっくり返しても飛びません、触覚も違う感じです。
Lewiskometsukimodoki1505.jpg
調べると、ルイスコメツキモドキのようです。金属光沢がなかなか美しい虫です。

こちらは、コガネコメツキ。ひっくり返すと、すぐにぴょんと跳び上がります。
koganekometsuki1505.jpg

私の子どもの頃は、コメツキを見つけるとみんなひっくり返して遊んでいました。最近の子どもはこんな遊びを知っているのかな?
posted by snowgoose at 14:28| Comment(0) | 自然

2015年05月10日

シウリザクラ開花とビンズイなど

7日くらいから、早々とシウリザクラが開花しました。
shiuri-hana1505-1.jpg
穂状に付く蕾は、元から先に順々に咲いていきます、花が長く楽しめそうです。

近づいてみれば、確かにサクラの花ですが、離れて見ると・・・。
shiuri-hana1505-2.jpg
地味です、知らない人が見たらサクラの仲間とも思わないでしょう。

今年の夏鳥は、去年よりは多いような気がします。久々にベニマシコも時々やってきます。ホオジロアオジなどのお馴染みさんのほか、昨日はこのあたりでは見たことのなかったビンズイが、庭のコブニレに留まっていました。一瞬、ツグミの小さな個体かと思いましたが、よく見たら違いました。
binzui150509.jpg

タヒバリかとも思いましたが、目の後ろに白斑があるので、ビンズイで間違いないでしょう。
binzui150509-2.jpg

裏山のヤチダモでは、ゴジュウカラが食べ物を求めて飛び回っていました。
gojuukara150509.jpg
クモを捕まえたようです。

楽しい季節になってきました。
posted by snowgoose at 19:15| Comment(0) | 自然

2015年04月30日

シウリザクラの蕾とケシキスイ

連日、暖かい日が続いて、今日も置戸は28℃くらいまで気温が上がりました。
まだ、日陰には少しだけ雪は残っているものの、木々も芽吹き始めました。
あちこちでエゾヤマザクラも咲き始めました。

家の庭のエゾヤマザクラはまだ小さく、蕾さえありませんが、3年前に植えたシウリザクラは、今年初めて蕾をつけました。
shiuri-tsubomi150430.jpg
5月中頃には白い小さな花が咲くかな?楽しみです。

昆虫も活動が活発になってきました。
今夜は、なぜか家の中にクロマルケシキスイがいました。
kuromarukeshikisui150430.jpg
4mm程度の小さな虫、全くじっとしてくれない、落ち着きのない子でした。
ヒラタケなどを食べるようです。

ケシキスイ、漢字では芥子木吸と書きます。芥子粒のように小さく、木を吸う虫ということでしょう。
出尾虫とも書くようです。上翅が腹部より短く、尾が出ているように見えることからでしょうが、どうやってもケシキスイとは読めませんね。シデムシノのほうが出尾虫と思いますが・・・。
posted by snowgoose at 22:07| Comment(0) | 自然