2013年12月15日

Camel The Snow Goose re-recorded

病から復活し、10〜11月にはイギリスを中心に久々のツアーを成功させた、Andrew Latimer率いるCamelの新しいCDが届きました!

新曲ではないのですが、なんともうれしいことにThe Snow Goose
新録音盤です!
Camel-TheSnowGoose.jpg

オリジナル盤は1975年発売、いうまでもなく工房名はこのアルバムからいただいた程、Camelのなかでも最も好きなアルバムの1枚です。ポール・ギャリコの同名小説にインスパイアされて制作されたコンセプトアルバムです。もともとが完成度の高く、オーケストラと共演されたアルバムだったので、バンドスタイルでどのように新録音されるのか若干の不安がありました。しかし聴いてみると、オリジナルの再演をベースに、4曲は構成やアレンジに比較的大きな変更が加えられ、よりすばらしいアルバムとなっていました。サンプリングベースの管弦楽サウンドは、最近のJ-POPのように安易にとってつけたような弦楽四重奏とは当たり前ながらまるで別物、Latimerをはじめメンバーの想いがひしひしと伝わってきます。オリジナルより、さらに小説のシーンが浮かんでくる、感動的なアルバムになりました。

聴き終わったとき、思わず目頭が熱くなりました。

このThe Snow Gooseの新録音盤は2002年に亡くなったCamelのキーボーディストPeter Bardensに捧げられたものだそうです。

アートデザインは、最近のCamelのアルバムを担当しているMichel Mundayですが、ジャケット中側にはオリジナルアルバムへの敬意も払われています。
Camel-TheSnowGoose2.jpg

The Snow Gooseは反戦小説です。最近の報道を見ると、この国は、そして世界はどうなってしまうのだろうと不安になります。この時期にThe Snow Gooseの新録音盤をリリースしたのはLatimerからの反戦・平和を願うメッセージなのか、考えさせられます。

Camelファンはもちろんのこと、沢山の方に是非とも聴いていただきたいと思います。

Camelは来年3月にヨーロッパツアーが予定されています。行きたいけれど・・・。
春から初夏のころに、ぜひとも来日を期待したいです。
posted by snowgoose at 19:46| Comment(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。