2009年09月06日

オオモンシロチョウの成虫

オオモンシロチョウ、先日のブログでは幼虫と蛹しか写真を載せませんでしたので、今日は成虫をご紹介します。
oomonshiro03.jpg
この個体は前翅に黒い斑紋があるのでメスだと思います。

名前の通り、在来種のモンシロチョウよりやや大きく、前翅先端部の黒い部分が弓なりに長くなっているので見分けは比較的容易です。少し前の資料を見ると、ロシアから何らかの方法で渡ってきて、日本では北海道と青森で見られるとありますが、近年は長崎県対馬でも採取されているそうですから、本州の方もこれから目にすることが多くなるかもしれません。今のところ、このオオモンシロチョウの増加によって在来種のモンシロチョウが減少するなどといった話は聞こえてきませんが(私が不勉強なだけかもしれません)、今後どうなるか、注意深く見ていく必要があるかもしれません。

この写真を撮り終えて家に戻ろうとすると、基礎に卵でお腹がパンパンになったスグロアラメハムシ(だと思います)のメスがいました。
sugroaramehamusi-mesu.jpg
見事なお腹ですね。
posted by snowgoose at 21:25| Comment(0) | 自然
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。