2016年07月22日

東北観光

今回の東北旅行、メインは「つながる青空市」と岩手県大槌町のNPO法人吉里吉里国さん・釜石市のNRC株式会社さん訪問でしたが、少しは観光もしてきました。

7月1日朝、秋田港に着くと、まずは「道の駅 あきた港」へ。
お目当ては、NHKテレビ「ドキュメント72時間 秋田・真冬の自販機の前で」で見て気になっていた、うどん・そば自動販売機
udon1.jpg
3月末に惜しまれつつ廃業となった秋田港近くの「佐原商店」に置かれていた昔懐かしい自動販売機、それが4月29日から道の駅内で復活したということで、一度食べてみたかったのでした。今回はそばを食べました。なんとも懐かしい、良い意味でゆで麺らしい、優しいだしのそばでした。

食べていると、めんの補充が始まりました。
udon2.jpg
自動販売機といっても、かなり手間のかかる、アナログな機械。こんな余裕というか、人間味のある機械、最近はないですね。効率優先で、つまらないものばかり。
ゆったりと流れる時間を味わいに、ぜひ一度訪れてみて下さい。

釜石市といえば、世界遺産に登録された橋野高炉跡。7月3日に行ってきました。
釜石市と遠野市の間にある笛吹峠(この峠道、道幅の狭いかなりのワインディングロード)の手前にある橋野高炉跡、到着したのが夕方5時過ぎとなってしまい、インフォメーションセンターは4時半までなので閉まっていました。仕方なく、すでに誰もいない寂しい中、石組の高炉を見に行きました。

橋野高炉跡は、近代製鉄の父・大島高任の指導により築造された現存する日本最古の洋式高炉跡で、石組の高炉3基や水路、御日払所等の初期の近代製鉄業の遺構が所在しています。

第1高炉
kouro1.jpg

第1・2高炉を後ろから。
kouro2.jpg

テレビや新聞で一番目にすることが多いのは、こちらの第3高炉。
kouro3.jpg

順路に従って、水路やその他の遺構も見たかったものの、整備はされているものの森の中、「クマ出没注意」の札も立っていたので、今回は主だったものの見学だけでした。次回は、もっとゆっくり見てみたいと思います。早足に見てきただけですが、北海道でいうと武華山登山口までの林道に点在する、旧イトムカ鉱山の施設跡に似た雰囲気でした。イトムカ鉱山跡、こちらも産業遺産として価値があるように思えますが、朽ち果てていくだけなんですかね・・・。
posted by snowgoose at 21:37| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。