2015年03月11日

4年

もう、東日本大震災が起こってから4年が経ちました。

置戸でも震度こそ3程度でしたが、めまいのような横揺れが長く続き、カラスたちは不気味に騒いでいたこと、そして家に慌てて戻り、テレビを見ると信じられない光景が・・・決して忘れられません。

改めて、命を落とされた方々へご冥福をお祈り致します。

いつも仕事をしながら、被災地の方々に役に立てることは出来ないかと考えています。今のところ私に出来ることは、交流のある岩手県大槌町のNPO法人「吉里吉里国」さんの「復活の薪」を使ったクラフトを作って、それをお客様に見て頂いて、購入頂いて、被災地のことを考えるきっかけにしていただくこと、同じ大槌町の社団法人「和 RING-PROJECT」さんと木工を通して交流すること、年に1回は被災地に行って、皆さんのお話を聞いたり、特産物を買ったり、見て来たこと聞いてきたことを周りの人達に伝えることぐらいです。小さなことかもしれませんが、これからも、ずっと続けていきます。

いつも生活に追われて、震災の事、被災地のこと、また原発事故のことなど忘れている方達も、まだまだ復興はこれからであることを見つめて、決して忘れないでいただきたいと思います。上から目線のえらそうな書き方で申し訳ありませんが、あまりにもう無かったことのように忘れている(ふりをしている?)方が多いような気がするので、あえて書きました。
posted by snowgoose at 18:43| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。