2017年08月22日

オニクワガタと小型ノコギリクワガタ

もう夏は終わってしまったのかと思っていたら、昨日・今日は30℃近くまで気温が上がり、少しは夏の気分でした。

家の周りの草むらで、今日は2種類のクワガタを発見。

まずは、ノコギリクワガタのオス、小型タイプです。
nokogiri-mini1708.jpg
私は子供の頃、この小型で大顎が真っ直ぐのタイプ、ヘイノコ、またはヘイタイノコギリと言ってましたが、これは東京多摩地区の方言のようですね。

二匹目は久々のオニクワガタのオスでした。
onikuwa1708-1.jpg
体長は22mm程度と小さいものの、斜め上を向いた独特の大顎は迫力があります。
onikuwa1708-2.jpg
この形だと、他のクワガタと違ってカブトムシのように喧嘩相手をすくい投げしやすそうですが、どうなんでしょうか。挟むだけなら、上を向く必要はないような・・・。
個人的には、一番好きなクワガタです。

こんな虫たちを眺めていると、無心になれますね。笑
posted by snowgoose at 22:29| Comment(0) | 自然

2017年08月16日

ホオジロのヒナ危うし!

今日昼ご飯を食べ終わった頃、やたらとホオジロらしき警戒する鳴き声がするなぁと思って庭を眺めていたら、不自然に飛んだり走ったりするホオジロのメスを発見、おかしいと思ったらその背後にはヘビが!でもちゃんと飛べるのに遠くには逃げないので、これは近くにヒナがいるのではと思ったら案の定、少し離れたところでヒナが不安そうにしていました。親鳥は必死でヘビをヒナから遠ざけて、その間にヒナは家のすぐ近くまで来て、「そこで待ってろ」と言われたかのようにその場所にとどまり、時々か細い声で鳴いていました。
hohjiro_hina1708.jpg
窓越しでしっかり撮れる程の至近距離でした。

少しすると、親とヘビは見えなくなり、警戒声も聞こえなくなり、これはヘビにやられてしまったのか、困ったな、このヒナをどうしようと思っていると親鳥がやってきて、ヒナと草むらの中に消えていきました。おそらく、助かったのでしょう。よかった。ほっとしました。

家や工房のまわりは「適度に」草を刈らずに残しています。普通の感覚からしたら「みっともない」状態なんでしょうけど。もちろん、除草剤は使いません。でもこの草むらのお陰で、素晴らしい生き物達の生活を見ることが出来ます。
posted by snowgoose at 22:03| Comment(0) | 自然

2017年08月14日

スジクワガタとビロウドカミキリ

7月で夏は終わり、8月はもう秋という感じの置戸ですが、まだまだ夏の虫たちはちょこちょこ現れて楽しませてくれます。

今日は家の周りに、スジクワガタビロウドカミキリがやってきました。
この小型のスジクワガタ、大顎が小さいですが、これでもオスです。
suzikuwagata1708.jpg

ビロウドカミキリ、実物は名前の通りビロードのように輝いてきれいなのですが、上手く撮れませんでした。
biroudkamikiri1708.jpg

例年はお盆が終わるとぐんと秋らしくなってきます、もう少し夏らしい夏の日を過ごしたいと思ってしまう今年の夏です。
posted by snowgoose at 21:33| Comment(0) | 自然

2017年08月07日

センチコガネとマグソコガネ

7月半ばに見つけた、センの葉にくっいていた卵のようなもの、その後も観察していましたが何も生まれることはなく、透明から白っぽくなり、何かの虫が半分くらい食べてしまいました・・・何だったのでしょうね。

さて今日は、糞虫の登場です。またですか・・・と言われそうですが・・・笑。

まずは見事な黄金に輝くセンチコガネです。
senchikogane1708.jpg
夏から秋にかけて、なぜか家の玄関前でひっくり返っていることが良くあります。色の個体差が大きいので、いつ見ても楽しいです。

そして、とても気の毒な名前のマグソコガネもいました。
magusokogane17081.jpg
こちらは体長5mm弱、小さくて可愛らしいですがしっかり頭部の形状は糞虫らしくヘラのようになっているので、すぐに普通のコガネムシではないと見分けられますね。
magusokogane17082.jpg

糞虫やシデムシなど、自然界の掃除屋・スカベンジャーといわれるような昆虫は不思議とみんな魅力的な形ですね。なぜでしょうね?
posted by snowgoose at 22:20| Comment(0) | 日記