2018年03月18日

アトリが1羽

3日前から、庭に1羽のアトリがやって来るようになりました。この冬初めての登場、群れで来ることが多いのですが、今のところ1羽だけ、はぐれたのでしょうか。

この冬はベニヒワやミヤマホオジロなどの冬鳥が全く来なかったので、庭でタデ科の草・ミチヤナギの種などを食べまくる鳥を観察できるのは久しぶりです。
くちばしに種のからみたいのがいっぱい付いてますよ。笑
atori1803161.jpg

比較的警戒心が弱いですが、3〜5mくらいまで近づくと、サッと近くの木に。
atori1803162.jpg

アトリはこのあたりでは冬の終わりにやって来る鳥、ようやく春が近づいて来た感じがします。
posted by snowgoose at 20:48| Comment(0) | 自然

2018年03月15日

ヤマガラ

今日は工房や家の周りでは珍しく、シジュウカラに混じってヤマガラが一羽やってきました。
yamagara18031.jpg
ヤマガラというと、おみくじというイメージを持つ方も多いかと思います。
ちょっとおどけた表情が愛らしいです。

庭のヤナギにペットボトルで作る簡易給餌器を設置して、ヒマワリの種を入れています。ほぼシジュウカラが食べるのですが、ヤマガラも好きみたいですね。
yamagara18032.jpg

yamagara18033.jpg
何粒も食べていました。

そろそろ、オオモズがやってこないかなと期待しています。
posted by snowgoose at 20:47| Comment(0) | 自然

2018年03月11日

7年

東日本大震災から7年経ちました。
改めて、犠牲になった方々のご冥福をお祈りします。

私が復興のために出来ることはほんのわずかしかありませんが、これからも少しでも役に立てることがあれば積極的に行動したいと思っています。

まず、忘れないこと、他人事でなく自分たちのことと思うこと、それだけはいつも心がけていきます。

昨年は毎年続けていた東北旅行が出来ませんでしたが、今年は秋には行こうと思っています。

当方の商品で底板を色々な木を集成して作っているミニトレー・ストライプには、必ず岩手県大槌町のNPO法人「吉里吉里国」さんの「復活の薪」を材料としたスギまたはヒバが入っています。手にしてくださった方が、被災地に思いを寄せるきっかけの一つになればと思っています。
posted by snowgoose at 20:45| Comment(0) | 日記

2018年01月31日

皆既月食

-20℃近くととても寒いですが、置戸ではきれいに皆既月食が観察できました。
180131moon.jpg

赤い月、何度見ても不気味だけどきれいですね。
posted by snowgoose at 23:08| Comment(0) | 自然

2018年01月24日

マヒワの群れ

何度か見かけた何かの群れ、やはりベニヒワではなかったようです。
この冬は、渡ってきていないみたいですね、残念。

昨日、群れの正体がマヒワだったことが判明。
工房前のカラマツに30〜40羽でやってきました。
mahiwa180123.jpg
距離がある上にほぼ逆光だったので、写りはトホホですが・・・賑やかに楽しそうにカラマツの種をついばんでいました。
posted by snowgoose at 21:11| Comment(0) | 自然

2018年01月22日

いつもの鳥たち

依然として冬鳥らしい冬鳥は来ません。この冬は、ベニヒワに会えそうにありませんね・・・。

いつもの鳥たちは元気にほとんど毎日やってきます。
シマエナガはいつ見ても可愛いです。シラカンバにて。
shimaenaga1801181.jpg

shimaenaga1801182.jpg

たいていシマエナガと一緒にやってくるハシブトガラ。バッコヤナギにて。
hashibuto1801181.jpg

それではまた。
hashibuto1801182.jpg
posted by snowgoose at 22:23| Comment(0) | 日記

2018年01月10日

ウソにクモガタガガンボ

冬鳥が来ない来ないと嘆いていたら、今日はウソがオス2羽・メス1羽来ました。まあ、ウソは留鳥ですが、このあたりで姿が見られるのは冬だけですから、ちょっと嬉しいですね。
uso180110.jpg
窓越しに撮ったので、イマイチですが、庭のヤマハギの実を食べに来たので至近距離で観察できました。
ふと視線を上にすると、30〜40羽の何かの群れが飛んでいました。高度が高く、ちょっとしか見られなかったのでよくわかりませんでしたが、この時期だとベニヒワの可能性が高いですね。やっと来たかな?

除雪をしていると、足元にはクモガタガガンボが。
kumogatagaganbo1801.jpg
脚の毛に小さな氷の粒?が付いていて、なんか寒そうですね。
posted by snowgoose at 23:18| Comment(0) | 日記

2018年01月03日

今年もよろしくお願い致します

遅くなりましたが、
明けましておめでとうございます
本年もどうぞよろしくお願い致します


昨年12月は例年より寒い日が多く、その上雪も多く、この冬は厳しそうだなと思っていましたが、比較的穏やかなお正月でした。今日3日は恒例のオケクラフトセンター森林工芸館の初売りでした。雪が降るあいにくの天気でしたが大変ありがたい事に沢山のお客様にお越し頂き、今年も頑張らなければと気を引き締めているところです。

工房や家の周りの自然は、冬鳥がほとんど姿を見せないため、少し寂しいですが、いつものメンバーは賑やかにやってきます。

シマエナガの飛び立った瞬間。
shimaenaga1801.jpg

コゲラです。今年はいつもよりよく見ます。
kogera1801.jpg

いつもやってくるアカゲラ
akagera1801.jpg

シジュウカラも毎日来ますが、この冬はまだゴジュウカラを見ていません。
shijyu1801.jpg

庭のウバユリにハシブトガラ
hashibuto1801.jpg

この冬、ベニヒワを一羽も見ていません。このあたりには今のところ来ていないようです。
posted by snowgoose at 20:51| Comment(0) | 自然

2017年12月10日

ヒメネズミ

今年も残すところあと20日程、例年ならこの時期には冬鳥がやって来るのですが、今のところ工房や家の周りでは見かけません。今年もベニヒワはハズレ年かもしれません。

まあ、鳥がやって来ない理由の一つに、うちには恐ろしくお転婆なネコがいるせいかもしれませんが・・・。鳥好きがネコ飼うというのもどうかと思います。笑

そのお転婆、ネズミを追っかけ回すのが大好き、お陰で昨日はヒメネズミを間近で見ることが出来ました。
himenezumi1712.jpg

かわいそうに、追っかけ回されたあげく口にくわえられていたので、ネコが離した後もおびえてしばらく固まっていました。外傷はなかったものの、ダメかなと思っていたらそのうち元気になって雪にもぐっていきました。
posted by snowgoose at 19:09| Comment(0) | 自然

2017年11月02日

秋のエゾリス

仕事の合間に庭のカラマツを見ていると、何かごそごそしていたので、少しづつ近づいてみると、エゾリスがマツボックリをくわえていました。
ezoris1711021.jpg
こちらの存在に気付いたのか、しばらくこのままの姿勢で固まっていました。

10分後くらいに見に行くと、今度は幹に逆さにしがみついて、また固まっていました。
ezoris1711022.jpg


近くにカラスがいたので、この姿勢で幹と同化して、姿を隠していたのでしょう。少し離れると、どこにいるかわかりませんでした。

また10分位して見に行きましたが、さすがにもういませんでした。

ちょっと臆病な、かわいいエゾリスでした。
posted by snowgoose at 21:27| Comment(0) | 自然