2019年10月14日

天邪鬼なので

台風19号、北海道はほとんど影響なかったですが、東海・関東・東北には多大な被害が出ているとのこと、被災された方、お見舞い申し上げます。
私の以前住んでいた東京・立川市と日野市を結ぶ日野橋がぐにゃぐにゃに曲がってしまったようで、あの頑丈そうだった橋がと思うと台風のすごさを改めて感じます。

台風一過で暑くなると思ったらとんでもなく、今朝の置戸は氷点下でした。先週はユキムシも盛んに飛んでいたし、今年はスタッドレスを新調したので、少し皮むきも必要、少し早めにタイヤ交換しました。

天邪鬼の私は、間違ってもブリヂストンのブリザックは履きません、今回は、トーヨータイヤのOBSERVE GARIT GIZにしました。
ogg.jpg

2014年発表モデルですが、トーヨーでは最新モデル、オニグルミの殻が入っていてそれが凍結路面を直接ひっかくというのが特徴の、木工家のためにあるようなスタッドレス。あまり効かないとか、所詮安物だという人が多いですが、どんな高いスタッドレスでも滑るときは滑る、昨シーズンまではグッドイヤーのICE NAVI 6でしたが、これも評判良くなかったですが3年目はイマイチでだったものの1〜2年目はばっちり、たぶんこれも悪くないでしょう。

表面をマクロレンズで撮ってみました、茶色の点々がクルミ?
ogg-up.jpg
タイヤ表面は、#1000番くらいの耐水ペーパーを触っているようなザラザラ感あり、効きそうだゾ!

エブリイの標準タイヤは145R12ですが、64馬力のツインカムターボには細すぎて怖いので、165/65R13。これだと、見事にツライチ、やっぱり、軽バンといえ、熱い男のクルマはツライチだぜ!笑
ogg-side.jpg

舗装路面を走ってみると、昔のスタッドレスみたいに柔らかすぎず、しっかりした剛性感で走りやすいです。早く冬道を試してみたいです。
posted by snowgoose at 21:56| Comment(0) | 日記

2019年08月05日

コブニレが楽園に

庭のコブニレ、最近カブトムシやクワガタの楽園になってきました。
kabuto-fi.jpg

魚眼レンズだと巨木のようですが、樹齢12年ほど、高さは4m程度です。
それでも今年の春にアカゲラがコツコツ突いたところから樹液がしみ出し、その部分を食欲旺盛なカブトムシがバリバリと広げたおかけで、あっという間にあたりには樹液の発酵臭が漂う、昆虫食堂となりました。
kobunire1908.jpg

カブトムシのカップル。このところいつも一緒にいます。
kabuto-p-1908.jpg

ミヤマクワガタも。
miyamakuwa1908.jpg

スジクワガタも良く来ます、というか近くに住んでいるようです。
sujikuwa19081.jpg

根元に2匹隠れていました。
sujikuwa19082.jpg

鮮やかなアオカナブンも。
aokana19081.jpg

その他、スズメバチやアリ・チョウやガなど様々な昆虫がやってきます。

自分の庭にこんな楽園が出来ると、仕事がはかどりません。笑
posted by snowgoose at 22:08| Comment(0) | 日記

2019年04月04日

視野の広い人に?

視野が広く、心も広い、懐の深い人になりたいなと思って、ずっと欲しかった魚眼レンズ買いました。笑
8mmF3.5.jpg
魚眼レンズは、レンズを見ているだけでも不思議な気持ちになりますね。
フォーサーズマウントのため、ほとんど未使用状態レンズを格安で買うことができました。

まずは魚眼らしく空。
sky8mm.jpg

工房。
SG8mm.jpg

少し引いて水平線をセンターにして撮影すると、超広角レンズのようにも撮れますね。
SG8mm-hiki.jpg

置戸にもようやく春が来ました。庭の福寿草がきれいです。
fuku8mm.jpg
まるで小山の手前に咲いているようですが、平らです。地面すれすれの花と空が一緒に写るのは不思議な感覚です。

あくびするネコも、猛獣のよう?
cat-akubi8mm.jpg

画角180°の世界は、普通の感覚では味わえない世界、真横まで見えるのは不思議で楽しいです。本当に、心も広くなりそうです。
posted by snowgoose at 19:39| Comment(0) | 日記

2019年03月27日

検討中

ミニトレーストライプのバリーションとして、矢羽根模様のレトロだけどモダンなデザインを検討中です。

まずは端材を並べて。
yabane.jpg

なかなか良い感じになりそうですが、ちょっとしたズレが目立ってしまうので、単純なデザインとは言えなかなか難しそうです。

CADを使って、詳細を考えています。
このように接ぎ合わせて、斜めにカット。
yabane1.jpg

次に斜めカットしたものの厚さをそろえた後、再度接ぎ合わせ。
yabane2.jpg

図面上だと簡単ですが、無駄を少なく、正確に、そして安全に部材を作るのは容易ではない感じです。

ちなみにCADは、純国産の図脳RAPID13を使用しています。
Rapid13.jpg
2004年発売の古いバージョンなのですが、Windows10 64bitでも問題なく動いてしまうので、バージョンアップしていないのでした。
posted by snowgoose at 21:33| Comment(0) | 日記

2019年03月11日

8年経って

今日で東日本大震災から8年、改めて被害に遭われた方のご冥福をお祈り致します。

8年経って、あのとき思ったことを、どの程度持続できているのかとても自信がないですが、これからも、今、自分に出来ることが何かを考え、微力ながら行動していきたいと思います。

昨年は北海道も胆振東部地震のあと、2日間ブラックアウトという事態を経験しました。そのとき、置戸では酪農家など一部を除いて、電気が来ないだけで大きな損害を被ることはなかったのにも関わらず、町民の中に「私達も被災者なんだから」と被災地に対して支援を行うことを拒むような方が少なからず存在したこと、これには驚きました。被災者であろうとなかろうと、少しでも余裕があるものが自分より大変な思いをしている方を助けたいと思う気持ち、それだけは忘れたくないと強く思います。
posted by snowgoose at 15:42| Comment(0) | 日記

2019年03月05日

もう飛べない・・・

3月上旬とは思えない暖かい日が続きます。
越冬していた気の早い虫たちも、活動をはじめています。

今朝、エルタテハが工房の前にいました。
Ltateha190301.jpg

日光を浴びて、身体を温めて、飛び立つ準備をしていますが、よく見ると羽はボロボロです。
Ltateha190302.jpg

何度も飛ぼうと試みるも、地面から数cmしか離れる事はできません。
Ltateha190303.jpg

仕事中気になって何度も見に行きました、4時間ぐらいは頑張っていましたが、やはり飛べませんでした。

そして、午後になったら、姿が見えなくなってしまいました。鳥に食べられてしまったのかもしれません。
この厳しい冬を耐えてきたのに、自然は厳しいですね・・・。
posted by snowgoose at 21:23| Comment(0) | 自然

2018年10月01日

フリーサンダーの修理

当方の商品、最後の仕上げはフリーサンダーというエアツールを使います。
日東工器・FS-100C
FS-100C.jpg
これが困ったことに、よく壊れます。ずっと同じものを使っているにもかかわらず、特に最近買ったものは耐久性が低くなっているように感じます。これは私だけではなく、旭川の(株)コサインの後輩達も言っていました。日東工器さん、しっかり頼みますよ!

新品を買っても1年ほどで回転が遅くなり、まともに使えなくなることが多いため、部品交換による修理を自分でやるしかありません。今回はベースプレートSub Ass'yとエンドキャップAss'yを新品に、タービンAss'yを2ヶ月程度使用したものを組み合わせ、手持ちの本体の中で一番まともなものに組み込み、様々な細かい部品は程度の良いものを選んで組み直します。

ベースプレートSub Ass'yとエンドキャップAss'y
FS-100C-1.jpg

問題は、それぞれのタービンのベアリングが当たる部分の摩耗です。
新品ベースプレートの軸拡大写真。
FS-100C-3.jpg
こちらが、使い込んだもの。
FS-100C-4.jpg
すっかり段がついています。

次に新品エンドキャップの拡大写真。
FS-100C-5.jpg
使い込んだもの。
FS-100C-6.jpg
こちらも同じですね、これではスムーズにタービンが回転しないわけです。

それぞれを組み込んで、あとはエンドキャップをつけて、ラバーサポートAss'yをつれば完成です。
FS-100C-7.jpg

ほぼ主要部品は全交換、これで新品同様に復活しました。

フリーサンダーの修理、さほど難しくなく、特殊工具も必要ありませんので、調子が悪くて困っている方、頑張って修理にチャレンジしてみてください。
posted by snowgoose at 11:04| Comment(0) | 木・木工

2018年09月08日

北海道胆振東部地震

北海道胆振東部地震で被害に遭われた方々に、心からお見舞いとお悔やみ申し上げます。
被害の大きかった地域の、少しでも早い復興をお祈り致します。

置戸町は地震による直接的な被害はなかったものの、全町の電気が復旧したのは9月7日夜11時前、これからも電力が不足することが予想されています。

地震当日、停電の時の夜空は、まさに満天の星でした。
20180906.jpg

写真では上手く伝わらないと思いますが、夏の天の川があれだけはっきり見えたのは初めてのような気がします。
電気の有り難さを感じるとともに、どれだけ色々なものを無駄にしているんだろうと、今までの生き方を自問するきっかけとなった夜でした。
posted by snowgoose at 09:23| Comment(0) | 日記

2018年08月17日

動かないヒョウモンチョウ

家のベランダに、ヒョウモンチョウがずっといます。毎日降り続く雨の中、今日で3日目。
hyoumon2018.jpg

てっきり死んでしまったのかと思いましたが、触ると抵抗し生きていることが分かります。
脱皮に失敗して羽がダメになっているわけでもなく、どうしたんでしょうね。
即身成仏するつもりでしょうか・・・。
posted by snowgoose at 20:45| Comment(0) | 日記

2018年08月03日

火星大接近

火星が最接近した7/31は、昼間は晴れ間が多いかったのに夜は雲が多く、じっくり見ることが出来ませんでした。それでも雲の切れ間から、なんとか写真を撮ることは出来ました。
kasei.jpg

焦点距離1,400mm相当だとこんなものですが、しっかりピントを合わせても、恒星と違ってちゃんと面積を持った丸として撮影することは出来ます。模様までは無理ですね。
posted by snowgoose at 06:51| Comment(0) | 日記